宝塚歌劇・ミュージカルグッズの販売&買取り専門店

宝塚アン

いらっしゃいませ  {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} さん

マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー 花組 東京公演プログラム<中古品>

  • 中古品
  • 花組
商品番号 PRG-12136B
販売価格 ¥ 858 税込
[ 17 ポイント進呈 ]

商品説明

種別
公演プログラム
花組
発売日
2005-05-27
出演者
春野寿美礼・ふづき美世・矢代鴻・萬あきら・京三紗・樹里咲穂・夏美よう・梨花ますみ・翔つかさ・大伴れいか・高翔みず希・鈴懸三由岐・眉月凰・歌花由美・絵莉千晶・彩吹真央・悠真倫・花純風香・蘭寿とむ・橘梨矢・愛音羽麗・水月舞・涼葉らんの・紫万新・舞城のどか・未涼亜希・桐生園加・遠野あすか・貴怜良・桜一花・七星きら・嶺輝あやと・華形ひかる・華桐わかな・望月理世・珠まゆら・紫峰七海・花野じゅりあ・舞名里音・夏空李光・月路奏・華城季帆・日向燦・桜乃彩音・朝夏まなと・望海風斗
商品内容
【マラケシュ・紅の墓標】

1920年代のモロッコ独立運動、そして第一次世界大戦後の世情を背景に、モロッコ内陸部の都市・マラケシュを舞台に展開する。

風音、砂漠、薔薇、パリ、渇き、傷、哀愁、…宝塚異色の雰囲気に満ちた、美しくも切ない、エキゾチズム溢れる大人の恋物語。


第一次世界大戦が終結して間もない1920年代初頭。
フランスの植民地であるモロッコもまた、その影響を受け、世情は混乱していた。

折しも、モロッコ領内の北西部で独立運動の火の手が上がり、紛争は拡大する一方、植民者であるフランス人・スペイン人たちは難を逃れ、モロッコ東南部の諸都市へ、また本国へと急いでいた。

白系ロシア人であり、今はイギリス人技師の妻となっているオリガもまた、その一人であった。

サハラ砂漠へ測量に出掛け音信の途絶えた夫の後を追って、測量基地のある、砂漠への入り口の街・マラケシュへ彼女はやってきた。

言葉の通じないベルベル人たちの中で立ち往生している彼女を見かね、一人の紳士が助けを買って出た。フランス人で、マラケシュの名門ホテル・クーペに逗留しているリュドヴィーク。

彼は彼女もまた、ホテル・クーペの客と知り、送り届ける。
見知らぬ土地で夫の消息も掴めず動揺するオリガだが、それを慰め励ますリュドヴィークの柔らかな物腰に惹かれるようになる。

しかし同時に、彼が時折見せる影を不思議に思うのだった。
リュドヴィークも、美しく気高いオリガに魅せられるようになっていた。
そしてリュドヴィークもオリガが時折見せる暗い炎を感じ取っていた。

一方その頃、リュドヴィークの仕事仲間レオンは、マラケシュに滞在する白人をたぶらかし、金を巻き上げる計画を立てる。

ある夜、リュドヴィークとオリガは互いの過去を語り合う。
共に、パリでの忘れられない思い出があった。
二人は互いに心の内の喪失をパリの幻の中に見出す。

二人は互いをより理解し、相手を思いやり……その想いが恋に変わるのに、そう時間はかからなかった。

互いに求め合う二人は、今までのすべてを捨て、もう一度新しい人生を考え始める・・・・・・。


【エンター・ザ・レビュー】

何度でもみんなで楽しみたい。
そんなレビューの原点に立ち返り、ゴージャスに展開される「ザ・タカラヅカ・レビュー」の真髄!

彩りのパリ、熱いアフリカ、小粋なジャズほか、レビューの楽しさや美しさを余すことなく花組が表現する、純レビュー!
公演日
公演会場
東京宝塚劇場
原作
荻田浩一・酒井澄夫
監督
荻田浩一・酒井澄夫