いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 宝塚以外のミュージカル > 海外ミュージカル > CD > ME AND MY GIRL オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(輸入CD)<中古品>

ME AND MY GIRL オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(輸入CD)<中古品>

ME AND MY GIRL オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(輸入CD)<中古品>

  • 中古品

商品番号 IMPORT-1286B

販売価格980円(消費税込:1,078円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
CD
その他
発売日
1990-10-25
出演者
JANE SUMMERHAYS、NICK ULLETT、ERIC HUTSON、JUSTINE JOHNSTON、TIMOTHY JEROME、LEO LEYDEN、JANE CONNELL、GEORGE S. IRVING、THOMAS TONER、ROBERT LINDSAY、MARYANN PLUNKETT
商品内容
イギリス・ロンドンで1937年に初演され、1646回というロングランを記録。


1930年代のロンドンを舞台に、下町に住む若者が紆余曲折の末に大富豪の伯爵家に後継ぎとして迎えられ一人前の紳士に仕立てる物語。

イギリスでも有数の名門貴族ヘアフォード伯爵家では当主が亡くなり後継ぎ問題がおきていた。
遺言によると、伯爵には行方不明になっている1人息子がおり、彼に後を継がせたいとのこと。それともう1つ、遺言執行人であるマリア公爵夫人とジョン卿が伯爵家にふさわしい人物であると認めなければならない、と書かれてあった。そして伯爵家専属の弁護士パーチェスターが、継ぎの青年を探し出す。ところが現れたのはロンドンの下町に住むビルという品のない男。

このままでは後継ぎにさせる訳にはいかない。マリアは、最初はビルの粗暴に戸惑ったが、「必ず、伯爵として育て上げる」と息巻き、ジョン卿は「ムリだ!」と反論。こうしてマリア公爵夫人の厳しい後継ぎ教育が始まった。

ビルは、サリーとさえ一緒にいられればと、御気楽に考えるが、マリア公爵夫人は、ランベス育ちのサリーとビルを引き裂こうとする。そして、恋人サリーとの身分違いとなった恋の行く末は…?



【収録曲】

♪OVERTURE
♪A WEEKEND AT HAREFORD
♪THINKING OF NO-ONE BUT ME
♪THE FAMILY SOLICITOR
♪ME AND MY GIRL
♪AN ENGLISH GENTLEMAN
♪YOU WOULD IF YOU COULD
♪HOLD MY HAND
♪ONCE YOU LOSE YOUR HEART
♪THE LAMBETH WALK
♪THE SUN HAS GOT HIS HAT ON
♪TAKE IT ON THE CHIN
♪SONG OF HAREFORD
♪LOVE MAKES THE WORLD GO ROUND
♪ONCE YOU LOSE YOUR HEART (Reprise)
♪LEANING ON A LAMPPOST
♪FINALE
公演日
公演会場
原作
監督