いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 宝塚以外のミュージカル > 海外ミュージカル > 公演プログラム > ロミオとジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜/東急シアターオーブ・梅田芸術劇場公演プログラム<中古品>

ロミオとジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜/東急シアターオーブ・梅田芸術劇場公演プログラム<中古品>

ロミオとジュリエット〜ヴェローナの子どもたち〜/東急シアターオーブ・梅田芸術劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 P-901696B

販売価格1,219円(消費税込:1,317円)

[37ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
パンフレット
その他
発売日
2012-10-06
出演者
シリル・ニコライ、ジョイ・エステール、ステファヌ・ネヴィル、ジョン・エイゼン、トム・ロス、グラディス・フライオリ、ステファニー・ロドリグ、セバスティエン・エル・シャト、ブリジット・ヴェンディッティ、ステファヌ・メトロ、フレデリック・シャルテール、オレリー・バドル、カミーユ・ブリュレイ、ジェローム・クシャール、アントニー・デプラス、アレクサンドル・ガロパン、オレリー・ジボワール、ヘディ・ハマンム、フロリー・ロシニョン、セバスティエン・スフェジュ、ヴァイア・ヴェネティス、アンドレア・コンドレリー、ジョセフ・ディ・マルコ、サビーヌ・ゴトラン、ドロテ・ゴックス、ステファヌ・ラヴァレー、ンドゥディ・マ=セリュ、アリア・マック・ゥラーグ、ヨアン・テテ、ジュリー・ザノ
商品内容
フランス版の『ロミオとジュリエット』


イタリアのヴェローナに古くから続く二つの名門モンタギュー家とキャピュレット家は、何代にも亘って争いを繰り広げていた。

キャピュレット家では、娘のジュリエットとヴェローナ随一の富豪、パリス伯爵の縁談が持ち上がっていた。

幼い頃からジュリエットに想いを寄せていたキャピュレット卿の甥ティボルトは結婚に反対するが、キャピュレット卿はそれを一蹴し、仮面舞踏会で二人を結びつけようと計画する。

モンタギュー卿の息子ロミオは、親友のベンヴォーリオとマキューシオに唆され、キャピュレット家の仮面舞踏会に忍び込む。

そこでロミオは、見えない糸で結ばれた運命の相手、ジュリエットと出会う。
二人は待ち望んだ恋人が目の前に現われた事を瞬時に確信する。

しかし、ティボルトが、モンタギュ−の人間が紛れていると騒ぎ出したため、ロミオは一旦その場を後にするのだった。

ジュリエットは、自分が恋に落ちた相手がモンタギュー家のロミオであると知るが、彼への想いを抑える事は出来なかった。

同じく、ジュリエットへの募る想いから、キャピュレットの屋敷を離れられずにいたロミオは、神が巡り合わせた恋人にバルコニーで思いを馳せるジュリエットと再会する。

二人は家柄を越えた愛を誓い合い、ジュリエットとパリス伯爵の縁談が成立する前に結婚の約束を交わすのだった。

翌朝、ロミオはロレンス神父を訪ね、ジュリエットとの結婚式を挙げて欲しいと頼む。

モンタギュー家とキャピュレット家の結婚という事実にロレンス神父は驚くが、ロミオの固い決意に触れ、この結婚が両家の争いの解決に繋がればと、午後の懺悔の時間にジュリエットを礼拝堂に連れてくるようロミオに告げるのだった。

二人の愛の深さに心を動かされたジュリエットの乳母の手助けもあり、その日の午後にロミオとジュリエットはロレンス神父の前で永遠の愛を誓い合う。

幸せの絶頂にあった二人は、この先に予想だにしない悲劇が待ち受けていることなど、まだ知る由もなかった……。


・ごあいさつ
・キャスト
・ミュージカル・ナンバー
・あらすじ
・舞台写真
・ジェラール・プレスギュルヴィックが語るミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
・音楽で魅せるフランス版ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
・プレスギュルヴィック版『ロミオ&ジュリエット』世界的成功の軌跡
・キャスト紹介
・代役紹介
・クリエイティブ・スタッフ紹介
・衣装デザイナー ロハン・デジャルダンによるコスチューム・コンセプト解説
・『ロミオ&ジュリエット』主演キャスト スペシャルトーク
シリル・ニコライ/ジョイ・エステール/ステファヌ・ネヴィル/ジョン・エイゼン
・リハーサル写真
・音楽がわからなくとも自然と涙がこぼれる、絶大なる音楽の力
・ジェラール・プレスギュルヴィック版『ロミオ&ジュリエット』の魅力を誰よりも知り尽くした12人から本作への応援メッセージ!
小池修一郎、柚希礼音、夢咲ねね、昆夏美、フランク莉奈、城田優、山崎育三郎、音月桂、舞羽美海、浦井健治、龍真咲、愛希れいか
・若き恋人たちの“生き急ぐ恋”の行方
公演日
公演会場
東京・東急シアターオーブ/大阪・梅田芸術劇場
原作
ウィリアム・シェイクスピア
監督