いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 妖炎/アラビアンナイト 花組 東京公演プログラム<中古品>

妖炎/アラビアンナイト 花組 東京公演プログラム<中古品>

妖炎/アラビアンナイト 花組 東京公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-12170B

販売価格2,980円(消費税込:3,278円)

[60ポイント進呈 ]

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
花組
発売日
1950-10-08
出演者
打吹美砂・宮城野由美子・明石照子・新珠三千代・淀かほる・八千草薫・有馬稲子・玉野ひかり・鵲わたる・黒木ひかる・大路三千緒・日下輝子・月空美舟・ 美柳田紗子・睦千世・鳴海潮・藤波洸子・櫻野美也子・三鷹恵子・久世美子・櫻間美幸・月路兎志子・大津ひろみ・鼓ヶ浦満子・山路小百合・ 姿美也子・雅章子・江藤冴子・竹園まり子・春名初美・月城明美・古城月子・葵由紀子・筑紫峯子・秋野たま子・天木三晴・瀬戸あけみ・ 千里万里・八雲琴路・生島照子・船越かほる・和泉佐代子・呉竹みどり・夕張月子・三條公子・月影美砂・松乃みどり・若瀬しぶき・丘眞琴・ 神州洋子・鳩笛くるみ・築地みなと・香織登史子・久美景子・曙まゆみ・百合あけみ
専科:天津乙女・富士野高嶺・淡路通子
商品内容
【妖炎】

晩春の夕暮。
深く茂った森の向こうの鎮守楼は、年に一度のお祭りで、一年の平和を護る御神火を戴く為に、村人たちはまた灯らぬ松明を持ってこの森を急いで通り抜けていく。

昇り始めた月光に照らされて、森に包まれた沢の水面が無意味な静寂をたたえ、村人たちは何故かこの森を怖れているようであった。

一人の美しい若者がまだ火のない松明を手にこの森へ来て、人待顔に誰かを待っていると、突然葉をゆすぶる程の強い風が吹き、若者が立木の蔭に身をさけると、そこには都風の美しい侍女が忽然と立っていた……。


【アラビアンナイト】

今日は巴里祭なので、靴屋のマルタンは仕事を休み、おしゃべりの女房ベルタの眼を逃れて、釣りに行こうかと思っているとベルタに見つかり、朝から油をしぼられていた。

町の人気者アルベールはルイズという娘と恋仲だがルイズの父親はルイズと大金持ちのルブランと結婚させようと思っていた。

マルタンはままならぬ浮世を嘆き、自分も今度生まれ変わったら、優しく綺麗なお姫様を貰えるような王子様になって生まれたいものだと思うのだった。

そこへ男の子を連れた客が靴の修理を頼みに来て、男の子は持っていた笛を忘れて帰ってしまった。

マルタンは仕事の椅子に腰かけながら、居眠りをしてアラビアの夢を見るのだった――。
公演日
公演会場
帝國劇場
原作
内海重典・白井鐵造
監督
内海重典・白井鐵造