いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ 月組 大劇場公演プログラム<中古品>

黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ 月組 大劇場公演プログラム<中古品>

黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ 月組 大劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-21033B

販売価格780円(消費税込:858円)

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
月組
発売日
1998-09-18
出演者
真琴つばさ・風花舞・紫吹淳・初風緑・成瀬こうき・大和悠河・樹里咲穂・千紘れいか・立ともみ・梨花ますみ・光樹すばる・真山葉瑠・美原志帆・卯城薫・美郷真也・嘉月絵理・那津乃咲・星野瞳・名城あおい・鈴奈美央・穂波亜莉亜・水島あおい・華路ゆうき・大空祐飛・大和悠河・水沢葉月
専科:藤京子・未沙のえる
商品内容
【黒い瞳】

ロシア文学の巨匠プーシキンの「大尉の娘」を題材にした作品。
貴族出身の将校ニコライと、大尉の娘マーシャの純愛を中心に、コッサクの首領プガチョフとの男同士の友愛など、様々な人間模様が繰り広げられていく物語。


1773年、帝政ロシア。
女帝エカテリーナII世が広大なロシアを支配していたが、自由を求めコサックが反乱の機会を窺っていた。

地方貴族の陸軍少尉ニコライは、任地ベロゴールスク要塞へと向かう途中、大吹雪に遭い途方に暮れていたところ、一人の浮浪者のような男が現われ宿屋まで案内してもらった。

その礼として浮浪者に兎の皮で出来た外套を差し出すが、彼こそが反乱軍のリーダー・プガチョフだとは知る由もなかった。

ベロゴールスク要塞へ辿り着いたニコライは、連隊長ミロノフ大尉の娘マーシャと出会い、二人は互いに惹かれあうようになる。

だが、これを面白くないと思ったシヴァーブリンはマーシャはミロノフ大尉の娘ではなくコサックの娘だという事実をニコライに突き付けた。

丁度その頃、プガチョフの進軍がベロゴールスク要塞を攻め、要塞は陥落し、反乱軍の軍事裁判で、ミロノフ大尉らは次々に処刑されてしまった。

いよいよニコライの番となったとき、プガチョフは身分の隔てなく外套を差し出したことを思い出し、彼を無罪放免とし、マーシャの元へ急がせた。

ニコライはマーシャと共にシンビールスクへ向かう途中、エカテリーナII世が本格的にコサック軍制圧に乗り出し、ニコライはプガチョフが四方から追いつめられていることを耳にした。

マーシャと別れ、プガチョフの元へ向かったニコライ。
プガチョフの軍は敗れ、ペテルブルクで裁判が始まった。

プガチョフと一緒にいたところを見られたニコライはスパイの容疑で逮捕されるのだったが……。


【ル・ボレロ・ルージュ】

ボレロに代表されるエスニックなリズムで綴ったラテン・ショー。


風花舞のサヨナラ公演。
公演日
公演会場
宝塚大劇場
原作
プーシキン・三木章雄
監督
柴田侑宏・三木章雄