いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 雪組 > 海に生きる/ブロードウエイ・テンペスト (解説と配役) 雪組 大劇場公演プログラム<中古品>

海に生きる/ブロードウエイ・テンペスト (解説と配役) 雪組 大劇場公演プログラム<中古品>

海に生きる/ブロードウエイ・テンペスト (解説と配役) 雪組 大劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-31124B

販売価格1,980円(消費税込:2,178円)

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
雪組
発売日
1964-12-03
出演者
真帆志ぶき・日夏悠理・牧美佐緒・松乃美登里・三鷹恵子・大路三千緒・可奈潤子・淡路通子・岸香織
商品内容
【海に生きる】

ある小さな漁村に起こった話――。
この村は昔から魚のよく獲れる浜を持っていたが、最近どうしたわけか、最近すっかり魚がとれなくなってしまった。

漁師達は盆踊りの時に大漁祈願のための網元は不漁対策としてハマチの養漁場を作ろうと計画し、そこの管理者として東京から水産技師の園部正男という青年を招いた。

漁師達は正男の仕事に期待の眼差しを向けたが、ただ一本釣りの漁師である権太たけは、自分の仕事場が荒らされることに大反対だった。

網元には作次という息子がおり、彼は村長の姪の茉莉に好意を持っていたが、茉莉の方には全くその気がなかった。

作次は仲間達に茉莉の事を色々と相談し、茉莉の気を惹くためにある計画を実行しようとした時、正男が現れて茉莉の危機を救ったのだった。

作次の計画は丸潰れになり、茉莉はいつしか正男の仕事に対する熱情に惹かれ、自分もこの仕事の手伝いをしようと決心するのだった。

茉莉は一生懸命に正男の仕事の手伝いをし、その姿を見ていた作次の心は収まらず、父親に茉莉と一緒になれるように取り計らって欲しいと頼む。

一人息子可愛さに、村長のところへでかけてみるが、結論はなかなか出なかった。

そんな時、権太が船の油を借りにやってくるが、網元は“養漁施設に反対した者に油など貸せない”と邪険に断られてしまう。

すっかり腹を立てた権太は折よくやってきた作次に“お前が茉莉と一緒になれないのは正男がいるためだ、あいつを追い出すには養漁場の網を切るのが一番だ”とたきつけた。

茉莉と一緒になりたい一念の作次は、権太から言われたことを実行しようと、嵐の吹き荒れる海岸の方へ飛び出していく……。


【ブロードウエイ・テンペスト】

ウィリアム・シェイクスピアの『テンペスト』にヒントを得た作品で、ブロードウェイのスターを夢見る2人の男、ファーディーとプロスペロが苦労の末に夢を叶えるというコメディ作品。


酒場“テンペスト”の主人プロスペロは、これで数えて48回目のオーディションを受け、ものの見事に失敗していた。 なんとかして、あの華やかな歌手になりたいものだと夢見てのことだが……。

このブロードウェイのスターでショー演出家でもある弟のアントニーはこの兄の哀れな姿に腹を立て、うんざりし、挙句の果て喧嘩を始めてしまった。

そこへ次の応募者が飛び込んできた。
このオーディションの大プロデューサー・ネープルズ氏は飛び込んできた若者を見てこれまた驚いてしまった。

なんと、それが自分の息子のファーディーだったのだから……。
とんだところで親子の再会となってしまい、ここでも親子喧嘩が勃発。
表へ放り出された二人はやけになって“テンペスト”にやってきた。

一方、アントニーとショー・スターのシルビアの間にはある秘密があった。
それは、シルビアの声が実は替玉で、本当の声はスター志願のジュリアという娘であるということ――。

ところが、クリスマスのチャリティ・ショーだけはこのジュリアを出演させようと約束したはずのアントニーとシルビアが約束を破ってしまったことから、この物語はややこしい結果になっていく……。


※写真が掲載されているのは、上記の方たちのみです。
公演日
公演会場
宝塚大劇場
原作
川井秀幸・小原弘亘
監督
川井秀幸・小原弘亘