いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 雪組 > ささら笹舟 〜明智光秀の光と影〜 雪組 バウホール公演プログラム<中古品>

ささら笹舟 〜明智光秀の光と影〜 雪組 バウホール公演プログラム<中古品>

ささら笹舟 〜明智光秀の光と影〜 雪組 バウホール公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-33024B

販売価格780円(消費税込:858円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
雪組
発売日
2000-04-22
出演者
貴城けい・紺野まひる・灯奈美・美郷真也・風早優・有沙美帆・未来優希・愛耀子・春あゆか・すがた香・蘭花レア・麻夏せれな・蒼海拓・天勢いづる・澪うらら・玲有希・牧勢海・麻樹ゆめみ・音月桂・貴船尚・舞咲りん・山科愛・神月茜・奏乃はると
専科:舞千鶴・鈴鹿照・汝鳥伶・未沙のえる・箙かおる
商品内容
悲運の武将・明智光秀を主人公に、明智光秀と、“影”と呼ばれる光秀の影武者、そして光と影の二人を同時に愛してしまった妻・煕子との愛の物語。

貴城けいが光秀と幸四郎の二役を演じている。


戦国の世、天下取りを夢見た男たちが眠る京都・小栗栖の明智藪。 そこはかつて織田信長への謀反を働いた明智軍が山崎で敗れ、落ち武者が逃げ込んできた藪であった。

物語は、旅の僧に、光秀を討ったという農民が光秀について語ることから始まる……。

明智城の領主となる運命を背負って生まれてきた光秀は、美濃の斎藤道三と、その子、秀龍の骨肉の争いに巻き込まれ、道三に加担した明智家は、秀龍に攻め滅ぼされる。

命からがら生き延びた光秀は明智家再興を夢見ながら諸国を遍歴していた。
明智家家臣・溝尾症兵衛は、ある役目を持って美濃の国に一軒の農家を訪ねていた。
主は明智家家臣・妻木幸四郎。

幸四郎は明智家のため、自分の生きた証をすべて消し去り、影として生きる決意をした。

桶狭間の合戦で、織田信長は今川義元を破り、美濃も倒し、大大名となっていた。 光秀は足利将軍の直参として、将軍と信長の橋渡しを見事に勤めたことにより、信長に仕えることとなった。

光秀は溝尾から幸四郎と引合され、光秀は自分と瓜二つの幸四郎に驚くが、本当の影となる為には光と影、二つの悲しみを背負うことになると説く。

このことを知るのは三人のみ、妻・煕子にさえその存在は悟られてはいなかった。

信長から理不尽な仕打ちを受け続けていた光秀は、徳川への饗応を巡って額を打たれるという辱めを受けると、幸四郎に後を託し姿を消す。

幸四郎は光秀と変わらずに家来に下知を下すが、煕子は幸四郎を影と見破る。 しかし、影である幸四郎と煕子は、いつしか心を通い合わせるようになる。

そんなある日、幸四郎の前に、光秀が信長討伐の密勅を手に現れた……。

「敵は本能寺にあり」――明智軍が結集した。
ついに光秀、そして影武者が動く時が来た……。


貴城けいバウホ−ル初主演作品。
公演日
公演会場
宝塚バウホール
原作
谷正純
監督
谷正純