いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 宝塚以外のミュージカル > 東宝 > ピトレスク SHOW-ism VII シアタークリエ公演プログラム<中古品>

ピトレスク SHOW-ism VII シアタークリエ公演プログラム<中古品>

ピトレスク SHOW-ism VII シアタークリエ公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 P-902057B

販売価格680円(消費税込:748円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
その他
発売日
2014-03-27
出演者
クミコ・中川晃教・岡本知・彩輝なお・JKim・風花舞・舘形比呂一・保坂知寿・美鳳あや・三井聡
商品内容
1942年9月、ドイツに占領されて2年が過ぎたフランス、パリ。 灯火管制の沈黙の中、パリ市民たちは、BBC放送から流れるド・ゴール将軍のレジスタンスを呼びかける声を聞きながら、解放の時を待っていた。

ナチスの表現規制によって閉店させられた、自由の象徴だったキャバレー「La Figue(ラ・フィギュ)」。 アダムとイブがかじった“イチジク”という名のこのキャバレーを愛した人々が、夜な夜なドイツ兵の警備の目をかいくぐり、地下の額縁工場に集まっていた。

「La Figue」のスピリットを受け継いだショーを密かに作って地下で上演し、キャバレー「イチジクのなる部屋」として復活させようというのだ。 元「La Figue」文芸部のジャン・ルイ、衣裳係のカミーユ、歌手のマヌエラ、女給のイヴェット、大道具係のトマ、トマのリュシエンヌ、画家のタマラ。 そこにタマラが偶然リュクサンブール公園で再会した幼馴染のユダヤ系ドイツ人のマルゴーが新たな仲間として加わる。

ある日元「La Figue」だったキャバレーが「Walkure(ワルキューレ)」としてオープンするという情報が入る。 オープンの日にドイツ大使主催の記念祝典が開かれ、彼らはその幕開けの素人劇団の枠で歌うことになった。

ナチスやドイツの政府関係者だらけの客の前で歌うのは自殺行為だと躊躇する仲間にタマラはある計画を告げる…。




・ご挨拶
・STORY
・キャストの紹介
・Keywords related to pittoresque
公演日
公演会場
シアタークリエ
原作
小林香
監督
小林香