いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 宝塚以外のミュージカル > 東宝 > Rudolf - The Last Kiss - 別冊 帝国劇場公演プログラム<中古品>

Rudolf - The Last Kiss - 別冊 帝国劇場公演プログラム<中古品>

Rudolf - The Last Kiss - 別冊 帝国劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PTO-260B

販売価格2,980円(消費税込:3,278円)

[89ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
その他
発売日
2008-05-06
出演者
井上芳雄・笹本玲奈・知念里奈・香寿たつき・浦井健治・畠中洋・新納慎也・岸祐二・三谷六九・岡幸二郎・壌晴彦 他
商品内容
原作はフレデリック・モートンの「A Nervous Splenor」。

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフと、皇妃エリザベートとの間に生まれた皇太子ルドルフ。 ルドルフは、父とは人間的、政治的にも反りが合わず彼を悩ます。

そんな時に、男爵令嬢のマリー・ヴェッツェラと出会い、許されざる恋に落ちる。 1889年にマイヤーリンクで謎の自殺を遂げたオーストリア皇太子・ルドルフとマリー・ヴェッツェラの悲恋を描いた物語。


19世紀末のウィーンには華やかで憂鬱な空気が満ちている。

手品師のファイファーは巧みな話術で街行く人々に心惑わせるウィーンの魅力を語りかけ、そして皇太子ルドルフの悲恋の物語の幕開きを告げる――。

オーストリアの若き皇太子ルドルフは、厳格なる父フランツ・ヨーゼフとの人間的・政治的な対立に苦悩していた。 妻ステファニーとの関係性は冷え切り、周囲は彼を責め立てるばかり。

男爵令嬢マリー・ヴェッツェラは友人のラリッシュ伯爵夫人に、恋はゲームだと言われながらも、運命の人との出会いに胸を膨らませている。

宮廷ではプロイセン皇帝ウィルヘルムなど華やかな顔が参列し、英国皇太子エドワードの歓迎舞踏会が開かれていた。

そこでルドルフはマリーと出逢い、ふたりは瞬く間に惹かれ合っていく。

マリーとの出逢いに心を癒されたのも束の間、ルドルフにハンガリーの独立を願う勢力が接近してくる。

オーストリアと父への反逆に組することはできないが、このまま現状に留まる事もできない……。

深まる苦悩の中、道ならぬふたりの関係はやがて謀略家である首相ターフェの知るところとなり――。


・Authors & Staff
・Cast
・Stage Photo
公演日
公演会場
帝国劇場
原作
フレデリック・モートン
監督
宮本亜門