いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 宝塚以外のミュージカル > 東宝 > シェルブールの雨傘 日生劇場・シアターBRAVA!公演プログラム<中古品>

シェルブールの雨傘 日生劇場・シアターBRAVA!公演プログラム<中古品>

シェルブールの雨傘 日生劇場・シアターBRAVA!公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PTO-290B

販売価格980円(消費税込:1,078円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
その他
発売日
2009-12-05
出演者
井上芳雄・白羽根ゆり・ANZA・出雲綾・岸田敏志・香寿たつき・KENTARO・松澤重雄・杉山有大・高原紳輔・東山竜彦・福永吉洋・横沢健司・一倉千夏・岩崎亜希子・樺島麻美・後藤藍・岡田弥生・滝沢由佳・伊藤悠翔・大西据統眞
商品内容
1957年、フランス北西部の港町シェルブール――。
オーバンの自動車修理工場で働く20歳の青年ギィは、足の悪いおばのエリーズと二人暮らし。

彼は今、傘屋のジュヌヴィエーヴという若く美しい娘と情熱的な恋をしていた。 今夜も二人はデートでオペラを観た後、波止場を歩きながら結婚した後の将来について語り合っていた。

しかし、ジュヌヴィエーヴはまだ、ギィのことを母のエムリーにはまだ早いと反対されると思い、話せないでいた。

案の定、16歳と20歳の結婚に反対するエムリー夫人はジュヌヴィエーヴと口論になる。 駆け落ちをしようというジュヌヴィエーヴにギィは徴兵され、アルジェリアに二年間赴任することが決まったことを告げた。

出発の日、駅で落ち合ったジュヌヴィエーヴとギィ。
二人は離れていてもお互いを想い続けることを固く誓いあって、未練を振り切るかのようにギィはアルジェリアへ旅立っていった。

二年後、任地から戻ったギィを待っていたものは……


・ごあいさつ
・キャストの紹介
・Story
・Scenes紹介
・TALK1 謝珠栄(振付・演出)×龍真知子(翻訳・訳詞)
・シェルブールは今日も雨だった。
・TALK2 謝珠栄×松井るみ(装置)×前田文子(衣裳)
・稽古場レポート
・ミシェル・ルグランの多彩な音楽性
公演日
公演会場
東京:日生劇場/ 大阪:シアターBRAVA!
原作
ジャック・ドゥミ
監督
謝珠栄