いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 宝塚以外のミュージカル > 東宝 > モーツァルト! 帝国劇場公演プログラム(稽古写真入り)<中古品>

モーツァルト! 帝国劇場公演プログラム(稽古写真入り)<中古品>

モーツァルト! 帝国劇場公演プログラム(稽古写真入り)<中古品>

  • 中古品

商品番号 PTO-844B

販売価格980円(消費税込:1,078円)

[29ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
その他
発売日
2007-11-19
出演者
井上芳雄・中川晃教・高橋由美子・hiro・香寿たつき・涼風真世・山口祐一郎・市村正親・阿知波悟美・武岡淳一・吉野圭吾・池田紳一・大谷美智宏・小原和彦・片根暢輔・武内耕・谷口浩久・中山昇・松澤重雄・森田浩平・横沢健司・横田大明・秋園美緒・石田佳名子・碓氷マキ・樺島麻美・河合篤子・後藤藍・鈴木智香子・徳垣友子・鳥居ひとみ・中山旦子・松崎茉莉杏・やまぐちあきこ・田澤有里朱・野本ほたる・真嶋優
商品内容
1786年、ウィーン。
ザルツブルクの宮廷楽士であるレオポルト・モーツァルトは、錚々たる名士が集まる貴族の館で、今、幼い息子がピアノを弾くのを目の当たりにしている。

5歳にして作曲の才が花開いたその子は、“奇跡の子”と呼ばれていた。
歳月は流れ、息子ヴォルフガングは、ザルツブルクで音楽活動を続けている。

しかし、ヴォルフガングは、領主であるコロレド大司教の支配下で作曲しなければならないことに嫌気がさしていた。 自由と輝きを求める彼はついに傍若無人な態度の大司教に怒りを爆発させてしまった。

1777年、ヴォルフガングはザルツブルクを後に、母親と旅に出る。
パリに移ったヴォルフガングは芽が出ることはなく、金を使い果たした上に、母親を病気で亡くしてしまう。

そこにヴォルフガングの良き理解者であるヴァルトシュテッテン男爵夫人が現れ、ウィーンで音楽活動をするように勧めるのだった。

1781年、モーツァルトの音楽は、ウィーンの社交界で話題を呼んでいた。
コンスタンツェとも結婚し、仕事も精力的にこなしていき、ヴォルフガングの名声はどんどん高まっていった。

しかし、いつしかコンスタンツェは夜になると一人でダンス・パーティーへ出かけることが増え、夫婦の間に陰りが見え始める。 二人はお互いに心の距離を感じていた。

そんな時、シカネーダーとのオペラ『魔笛』が成功。
ヴォルフガングの前に謎の人物が現れて『レクイエム』の作曲を依頼する……。


・キャストの紹介
・STORY
・Scens & Musical Numbers
・Lyrics
・Chronicle of Mozart!
・ヴォルフガングを語る(井上芳雄&中川晃教&演劇評論家・扇田昭彦)
・Wヴォルフガングを語る 山崎育三郎
・稽古写真
・モーツァルトという名、そして音楽の伝承
・モーツァルトと「夜」の世界
・いつの時代でもモーツァルトはそれぞれの身の丈レベルでさん然とかがやくのだ。
・「モーツァルト!」に登場する楽曲について僕なりに…。
・こんな時にモーツァルトを(キャスト・アンケート)
公演日
公演会場
帝国劇場
原作
ミヒャエル・クンツェ
監督
小池修一郎