いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 組で探す > 花組 > 小さな花がひらいた(CD)<新品>

小さな花がひらいた(CD)<新品>

小さな花がひらいた(CD)<新品>

  • 新品

商品番号 TMPC-98A

販売価格0円(消費税込:0円)

廃盤商品です

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
CD
花組
発売日
1991-05-21
出演者
朝香じゅん・梢真奈美・安寿ミラ・香寿たつき・森奈みはる 他
商品内容
二度までも火事に遭いながら、雄々しく生きていく大工の若棟梁と、火事の為に孤独となった子供達の世話をする娘との恋を中心に描いた、心温まる物語。


江戸末期文政年間、神田や日本橋を中心に江戸の町を広く襲った大火からひと月が経った頃。

焼野原と化した神田岩井町界隈をじっと見つめる一人の男がいた―――大留の若棟梁・茂次である。

茂次は、店や両親が炎に飲み込まれたとの知らせにも動じることなく、全ての仕事をやり遂げ、今ようやく神田へと戻ってきた。

心にただ一つ、どんなに険しい道のりであったとしても、必ず「大留」を立て直してみせるという決意を抱いて……。

「大留」の仮小屋に戻るや否や、茂次は早速仕事の采配をふるい始める。 周囲の人々は、気丈に振舞うその姿に心を打たれるが、それと同時に一向に両親を弔おうとしない茂次を訝しく思い、一刻も早く葬式を出すように忠告する。

大火で痛手を負ったこの「大留」では、同じ火事で母親を亡くしたおりつという娘が住み込みで下働きをしていた。

幼馴染である茂次とおりつが昔話に花を咲かせていると、突然あつという名の子供が姿を見せる。

不審に思い、問い詰める茂次に、おりつは火事で身寄りをなくした子供達の面倒をこの「大留」で見ていることを打ち明けるのだった。

しかし、茂次はこの状況下でとても子供の面倒を見ることはできないとおりつを一喝し、子供たちを然る場所に預けるように言い渡した。

翌日、町役である「福田屋」のお久が役人らを伴い現れ、子供たちの処遇を決まりを蔑にして、「大留」に子供たちを置いていることを攻め立てた。

近所の人々も集まり、大留の子供たちが悪さをして困ると口々に言い始めた。

おりつは子供たちが悪さをするのは町の子どもたちがからかうからだと反論するが、どちらも引き下がらず、事態の収拾がつかなくなっていた。

そんな時、茂次が姿を現し、子供たちを養う条件を満たすように務めるので見逃してもらえないかと助け船を出すのだった。

また、「福田屋」の娘・おゆうが現れ、自分も子供たちの世話の手伝いを申し出た。 これには誰も逆らうことができず、茂次はおゆうに礼を述べたが、おりつはどこか不服そうだった。

茂次はおりつのきもちを見抜いていながらもおりつに優しい言葉をかけることはなく、素直になれない二人の心が寄り添うことはなかった。

やがて子供たちも茂次を慕うようになり、ある日、茂次は皆を連れて紅葉狩りにでかけた。 大人も子供も一緒になって楽しんでいたところへ、番頭の助二朗や大工の大六達が息せき切って茂次の許へ駆けてくる――。


朝香じゅん最後のバウホール公演!
公演日
1991-03-08
公演会場
宝塚バウホール
原作
山本周五郎
監督
柴田侑宏