宝塚歌劇・ミュージカルグッズの販売&買取り専門店

宝塚アン

いらっしゃいませ  {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} さん

朗読劇 さらば黑き武士 (DVD) <中古品>

  • 中古品
  • 在庫問い合わせ
商品番号 DVD-116B
販売価格 ¥ 1,980 税込
[ 40 ポイント進呈 ]

在庫問い合わせ
ご利用いただくには、ログインが必要です。

在庫お問い合わせとは?

商品説明

種別
DVD
その他
発売日
2021-03-01
出演者
山本一慶・如月蓮・北村有起哉
商品内容
天正九年(1581)二月――
森蘭丸は、主君・織田信長の許を訪ねた宣教師に連れられた黒い従者に出会った。

日本で親しまれやすくするために『ヤスケ』と名付けられた、この黒人従者を大層気にいった信長は、ヤスケをもらいたい旨を宣教師に伝え彼を召し抱えた。

信長はヤスケに改めて『弥助』と名付け、「これより汝は武士ぞ。励め」と声をかけ、ここに「黒き武士」が誕生した。

弥助に馬術や武芸、武士の作法や信長に仕える心得等を教えるように命じられた森蘭丸は、弥助との交誼を重ねていく。

信長が馬を進める時には、必ず二人が供につき【白武者】【黒武者】として、その美しさと珍しさは、世に知られていく。

弥助は信長の期待通り、馬術や武芸にも長け、言葉も覚え、その忠勤に信長も喜んで引き立てていき、安土一帯では「織田様の黒いお侍」として噂も広まっていった。

こうして順風満帆に天下統一を目指す信長に仕える二人は、信長への忠心と友情で固く結ばれていったのだが、現世は真に無常であるー

翌天正十年六月二日。
信長は出陣のために立ち寄った本能寺で、明智光秀の襲撃を受ける。紅蓮の炎の中、三人は、それぞれの別れを告げることとなる。



【キャスト】

森蘭丸:山本一慶
くノ一 村雨/読み人:如月蓮
織田信長/弥助:北村有起哉

収録日
2020-10-31
公演会場
浅草公会堂
原作・上演台本
岡本さとる
演出
藤間勘十郎