宝塚歌劇・ミュージカルグッズの販売&買取り専門店

宝塚アン

いらっしゃいませ  {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} さん

蜘蛛女のキス 東京芸術劇場プレイハウス・ドラマシティ公演プログラム<中古品>

  • 中古品
  • 在庫問い合わせ
商品番号 P-90866B
販売価格 ¥ 1,280 税込

在庫問い合わせ
ご利用いただくには、ログインが必要です。

在庫お問い合わせとは?

商品説明

種別
公演プログラム
その他
発売日
2021-11-26
出演者
石丸幹二、安蘭けい、相葉裕樹、村井良大、鶴見辰吾、香寿たつき、小南満佑子、間宮啓行、櫻井章喜、藤浦功一、佐々木誠、俵和也、伊藤広祥、半澤昇、当銀大輔、荒木啓佑、矢内康洋、橋田康、小島亜莉沙、上條駿
商品内容
舞台はラテンアメリカの刑務所。

映画を愛する同性愛者のモリーナは、服役して3年目になり、社会主義運動の政治犯バレンティンと同室になる。 人生も価値観も全く違う二人。お互いを理解できず激しく対立するが、時を重ねるうちに次第に心を通わせていく。

モリーナは、心の支えである映画スター大女優オーロラが演じる蜘蛛女について語り、またバレンティンもマルタという恋人の存在をモリーナに打ち明けた。

オーロラが演じてきた中で唯一モリーナが恐れるのは、蜘蛛女という役柄で、そのキスで誰をも死に至らしめることができるという"彼女"は、運命を支配するように、しばしばモリーナの前に姿を現すようになる。

極限状態で距離を縮めていく二人。 モリーナは所長から、バレンティンに関する秘密を聞き出すよう取引を持ちかけられている。

モリーナが下した決断とは――。



◆ご挨拶
◆MUSICAL NUMBERS
◆STORY
◆キャスト紹介
◆レジェンドたちが語り尽くす、『蜘蛛女のキス』成功までの軌跡 ●中島薫
◆Lyrics
◆SPECIAL TALK 石丸幹二×安蘭けい×相葉裕樹×村井良大
◆“愛に幸せが用意されていなかった時代” ●北丸雄二
◆『蜘蛛女のキス』の旅路 CHRONICLE 1976-2021
公演日
公演会場
東京芸術劇場プレイハウス/シアター・ドラマシティ
脚本
テレンス・マクナリー (マヌエル・プイグの⼩説に基づく)
監督
日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)