いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ 月組 大劇場公演プログラム<中古品>

チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ 月組 大劇場公演プログラム<中古品>

チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ 月組 大劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-21051B

販売価格780円(消費税込:858円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
月組
発売日
1996-09-20
出演者
久世星佳・風花舞・真琴つばさ・姿月あさと・汐風幸・邦なつき・葵美哉・旭麻里・梨花ますみ・大峯麻友・夏妃真美・夏河ゆら・光樹すばる・真山葉瑠・越はるき・美原志帆・千ほさち・成瀬こうき・嘉月絵里・卯城薫・鷹悠貴・松波美鶴・木南あづさ・一紗まひろ・美郷真也・花丘美幸・祐輝薫・山吹紗世・那津乃咲・逢原せりか・樹里咲穂・星野瞳・水夏希・大空祐飛・檀れい・大和悠河
専科:箙かおる
商品内容
【チェーザレ・ボルジア】

塩野七生氏の「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」を題材にルネッサンス期である15世紀の終りから16世紀初頭にかけて初めてイタリア統一の野望を抱いた一人の若者チェ−ザレ・ボルジア。

彼が法王である父の教会勢力や妹の政略結婚を利用して自らの王国を創立しようとして、果たすことが出来なかった生涯を描いた作品。


1789年ローマ。
当主である法王アレッサンドロ6世の強大な教会勢力をバックに隆盛を極めるボルジア家の長男チェーザレは、突然枢機卿の地位を退く。

この生涯を変え得るほどの大胆ともいえる選択には、チェーザレの大いなる野望が秘められていた。

各国の要人たちが疑問を囁きあう中、唯一フィレンツェの書記官マキャヴェリだけは彼の目論見がイタリア統一であることだと睨んでいた。

まず手始めにチェーザレはフランス王ルイ12世を手を結びアンヌとの結婚を望むルイ12世に、父法王の力を利用し、離婚許可証を発行し自らは国王の従妹シャーロットと結婚し、ヴァレンティーノ公爵となった。

そして、次にロマーニャの要である女領主カテリーナが治めるイーモラを落とした。

このチェーザレの動きは身内にも影を落とした。

妹ルクレッツィアの夫ナポリ出身のビシェリ公とその妹サンチャはチェーザレがナポリと手を切ろうしていることを薄々感じており、ビシェリ公は深夜ひっそりナポリへ経つがチェーザレの腹心によって命を絶たれた。

兄に夫を殺害されてもルクレツィアは兄を憎むことができなかった。 例え何度も兄に政略結婚の道具にされようとも、少女の頃から抱いてきた兄への思情が、そうさせなかったのである。

アレッサンドロ6世の庇護の下、わずか2年の間にチェーザレは次々に領土を掌中に収めていった。

イタリア統一まで後わずかという時に、悲劇がボルジア家を襲った。 アレッサンドロ6世が伝染病のため突然死去したのだ。

そしてボルジア家から父の威光を奪った病魔は容赦なくチェーザレの体をも襲った……。

【プレスティージュ】

フランス語で「魅力」「名声」「威厳」を意味する言葉で、宝塚の伝統である大人数での豪華かつ華麗なレビュー場面に、現代風のシャープな場面を織り交ぜて構成されている。
公演日
公演会場
宝塚大劇場
原作
柴田侑宏・中村一徳
監督
柴田侑宏・中村一徳