いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 香妃/レインボーの歌 月組 日本劇場公演プログラム<中古品>

香妃/レインボーの歌 月組 日本劇場公演プログラム<中古品>

香妃/レインボーの歌 月組 日本劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-22131B

販売価格5,980円(消費税込:6,578円)

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
月組
発売日
1949-01-20
出演者
南悠子・浦島歌女・久慈あさみ・淡島千景・由美あづさ・天城月江・美山しぐれ・吾妻都・花月澄枝・日野晃・神歌美鈴・志賀龍子・筑紫まり・室町良子・朝吹玲子・桂木ゆたか・月笛さやか・山鳥あけみ・深山路静香・田鶴千重子・静町美紗代
商品内容
【香妃】

高宋の時代、清の西にあるジュンガル國は、若き国王アムールサナを戴き、清朝に隷属していたが、国王はその自滅的隷属から脱することをかねてよりひそかに企んでいた。

併し、この企ては早くも清国にきこえ、清国の帝王乾隆帝の怒りをかって、乾隆帝は突然、兆恵将軍の大軍をもってジュンガル国を攻めさせた。

虚をつかれたアムールサナは敗戦を覚悟し貧しい姿に身をやつして、一時オロスの国に逃れようとした。

アムールサナの妃、香妃は生涯貞節を誓った王と行動を共にすることを望んだが、アムールサナは美しい香妃を賤しい身なりにさせることができず、香妃の故郷チユルクへ行くように命じた。

香妃は王との別れを拒み、生き永らえて恥をさらすよりはと、死を企てようとしたが、アムールサナは黄金作りの懐剣を形見に渡し、もし貞節を守ることが出来ない場合こそ死ぬ時だと言い、二人は涙と共に別れるのだった……。


【レインボーの歌】

昔噺の好きな孤児のペギイは孤児院の貧しい生活の中にあっても、心さえ正しければいつかはシンデレラ姫のような幸福が訪れると信じて、いつも明るく、希望を失わなかった。

或る日、ニューヨークから此の孤児院の評議員をしているロバートが訪れ、ジョン・スミスというニューヨークの篤志家がペギイをビッツバーグの音楽学校へ入学させることになったという、ペギイにとっては夢のような話をもってきた。

ペギイにはこの素敵な話を持って来たロバートが虹の国の王子様のように素敵な人に思えた。

ペギイは見知らぬ恩人ジョン・スミスへ毎日学校生活を手紙で知らせる約束と共に、ビッツバーグへ出発した――。


写真が掲載されているのは、南悠子・浦島歌女・久慈あさみ・淡島千景・由美あづさ・天城月江のみです。
公演日
公演会場
日本劇場
原作
香村菊雄・内海重典
監督
香村菊雄・内海重典