いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > アルルの女/プリマヴェラ 雪組 江東劇場公演プログラム<中古品>

アルルの女/プリマヴェラ 雪組 江東劇場公演プログラム<中古品>

アルルの女/プリマヴェラ 雪組 江東劇場公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-32130B

販売価格4,980円(消費税込:5,478円)

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
雪組
発売日
1948-11-14
出演者
春日野八千代・乙羽信子・壬生櫻子・雅美愛子・故里千秋・松帆浦子・照國早知子・梢音羽
商品内容
【アルルの女】

聖エロアの祭りを前に賑わっている南フランスのカマルグの農家カストウレの庭では、老主人フランセ・ママイと羊飼いのバルタザールが心配顔に語り合っていた。

それはフランセの孫フレデリが、三か月前牛祭りの日曜日に町で見染めた美しいアルルの女に心を奪われてしまったからである。

バルタザールは、すれっからしばかり住んでるアルルの町の女より、毎年刈入れの手伝いに来るヴィヴィエットの方がフレデリにふさわしいと思うが、アルルの女に夢中のフレデリはヴィヴィエットのひそやかな想いに気付くことはなかった。

そして彼はその日、アルルの女との話を決める為に、叔父のマルクをアルルに訪ね、一緒に彼女を承諾させたので有頂天で帰って来た。

明日の祭りに正式に申し込みに行くことにして、人々が婚約を祝う楽しい晩餐を始める頃、カストウレの門前に一人の見慣れぬ若者が訪ねてきた。

この男はミチフィオといい、二年前からアルルの女と同棲をしていたことを話、女が自分と結婚すると約束した手紙をフレデリに見せるのだった……。


【プリマヴェラ】

音楽学校の学生ヴィンセントはサルミイネ家の令嬢である美しいマッダレエナの家庭教師としてピアノを教えていたが、いつか二人は愛し合うようになった。

マッダレエナの父は、前途あるヴィンセントが若き日の愛情の為に輝かしい才能と前途を見失うことを恐れて、突然マッダレエナを山荘へ伴い去った。

女中カニナの努力も虚しく、愛の言葉も語り合わずに、マッダレエナと別れたヴィンセントの哀しい心を慰めるものは、彼を愛している酒場のフランチェスカの温かい愛情であったが、彼はいつも癒されることのない虚ろな心を抱いていた。

思い余った彼は、ある日、意を決して山荘を訪ねたが、マッダレエナの弾くピアノの音を遥かに聞くのみであった……。
公演日
公演会場
江東劇場
原作
内海重典・高崎邦祐
監督
内海重典・高崎邦祐