いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > 組で探す > 花組 > タンゴ・アルゼンチーノ 花組 東京新人公演プログラム<中古品>

タンゴ・アルゼンチーノ 花組 東京新人公演プログラム

タンゴ・アルゼンチーノ 花組 東京新人公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-72091B

販売価格980円(消費税込:1,078円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
花組
発売日
1999-11-30
出演者
水夏希・彩乃かなみ・彩吹真央・風緒いぶき・柾輝かずさ・香乃毬花・舞風りら・蘭寿とむ・花央レミ・壮一帆・未涼亜希・愛音羽麗
商品内容
ルドルフ・ヴァレンチノの映画「黙示録の四騎士」をベースにしたミュージカル作品で、第一次世界大戦前にパリに留学したアルゼンチン出身の画家志望の青年が辿る愛の軌跡の物語。


20世紀初頭。
パリは折からのタンゴブームに沸いていた。
伯爵ピエールの愛人ミシアの開くカフェ『タンゴ・アルゼンチーノ』の夜会でも、ガウチョ姿の男が夜会に呼ばれる。

その男の名はフリオ・デスノイエル。
アルゼンチン生まれのフリオは、画家になる夢を抱いてパリに来た留学生だった。

画を売り込みに来た知り合いのカフェ『タンゴ・アルゼンチーノ』で、ミシアに頼まれ一晩だけアルバイトとしてガウチョのダンスを踊ることになる。

そこで、ハートロー伯爵と美貌の妻マルグリットと出会い、フリオとマルグリットは運命的な恋に落ちる。

やがて、マルグリットはフリオの絵のモデルになってほしいという願いを聞き入れ、その恋は一層深まる。

しかし、二人の恋は伯爵の知るところとなり、伯爵はフリオに決闘を申し込んだ。

そんな中、世界は戦争への道を突き進んでいた。

互いを求め合うフリオとマルグリット。
マルグリットの心を知り苦悩する伯爵。

それぞれの葛藤は戦争という大きな波に飲み込まれながら果たしてどこへ向かうのであろうか……。


写真が掲載されているのは、水夏希・彩乃かなみのみです。
公演日
1999-11-30
公演会場
TAKARAZUKA1000days劇場
原作
小池修一郎
監督
小柳菜穂子