いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > ヴェロニック 花組 東京公演プログラム <中古品>

ヴェロニック 花組 東京公演プログラム <中古品>

ヴェロニック 花組 東京公演プログラム <中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-12013B

販売価格780円(消費税込:858円)

[16ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
花組
発売日
1998-07-08
出演者
愛華みれ・千ほさち・春野寿美礼・磯野千尋・貴柳みどり・翔つかさ・二葉かれん・美苑えりか・真由華れお・幸美杏奈・鈴懸三由岐・麻園みき・紫蘭ますみ・大鳥れい・柾輝かずさ・さき望実・武庫歩・真竹すぐる・早瀬鮎・奈月みか・悠真倫・蘭香レア・夢路ほのか・風緒いぶき・美森さやか・七海さら・彩風蘭・未宙星沙・彩乃かなみ・愛音羽麗
商品内容
昭和53年に花組、雪組によって上演された。
ニコラ・バタイユ氏の演出による、パリのエスプリに満ちた舞台「ヴェロニック」を描いた作品。


1840年頃のパリで、青年貴族フロレスタン子爵は、王妃のお付きの令嬢エレーヌと舞踏会でお見合いをすることになっていた。

そして事がうまく運ぶように、フロレスタンには貧乏貴族のルストーを監視につけた。

フロレスタンは恋愛中の花屋の女主人アガートと手を切るために別れ話をするが、それを立ち聞きしていたエレーヌは彼が自分のことを「田舎のイモ娘・・・」と馬鹿にしたことに憤慨してしまった。

怒ったエレーヌはフロレスタンに仕返しをしてやろうと思った。
エレーヌは早速、友達のエルメランスと共に花屋の売り子に雇ってもらい、ヴェロニックと名前を変えて、一行の中に加わるのだった。

エレーヌの思惑通り、フロレスタンはヴェロニックを一目見て、恋の虜になってしまった。

エレーヌは初期の目的が果たされた頃を見計らって、セラファンの馬車でチュイルリー宮殿へと向かった。

その夜、チュイルリー宮殿ではフロレスタンとのお見合いの舞踏会が開かれることになっていた。

さて、何も知らずにチュイルリー宮殿での舞踏会に出席したフロレスタンはエレーヌを見て……。
公演日
公演会場
日本青年館大ホール
原作
ニコラ・バタイユ
監督
三木彰雄