いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 花組 > エリザベート 花組 東京新人公演プログラム(蘭寿とむ)<中古品>

エリザベート 花組 東京新人公演プログラム<中古品>

エリザベート 花組 東京新人公演プログラム(蘭寿とむ)<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-72186B

販売価格1,280円(消費税込:1,382円)

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
花組
発売日
2003-01-21
出演者
蘭寿とむ・遠野あすか・未涼亜希・桐生園加・愛音羽麗・紫万新・嶺輝あやと・桜一花・彩風蘭・華形ひかる・望月理世
商品内容
1992年にオーストリアのウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」のオリジナル脚本を、宝塚独自の装置・衣装・振付により、日本の観客に分かりやすいように見直し、再演となった作品。



19世紀末。
ヨーロッパ随一の美貌を謳われた、オーストリア=ハンガリー帝国皇妃エリザベートが、イタリア人アナーキスト、ルイジ・ルキーニに殺害された。

ルキーニは独房内で自殺を図る。

煉獄の裁判所では、犯罪行為から百年も経ったにもかかわらず、ルキーニを未だ尋問している。ルキーニは、エリザベートは死と恋仲だった、エリザベート自身が死を望んでいたと主張する。

そして、それを証明するため、エリザベートと同時代を生きた人々を霊廟から呼び起こす。

最後にトート(死)が現われ、エリザベートを愛していたと告白する。


時代は1853年に遡る。

少女のエリザベートは、ある日、綱渡りに挑戦しようとしてロープから落ち、意識不明の重体に陥る。冥界に迷い込んだエリザベートにトートは一目で惹きつけられる。

トートはエリザベートに生命を返してやる。そしてその愛を得ようと、彼女を追い続ける決意をする。

こうして、愛と死の輪舞(ロンド)が始まった。


写真が掲載されているのは、蘭寿とむ・遠野あすかのみです。
公演日
2003-01-21
公演会場
東京宝塚劇場
原作
ミヒャエル・クンツェ
監督
植田景子