いらっしゃいませ ゲストさん

宝塚アンHOME > 商品購入 > アイテムで探す > 公演プログラム、ほか > 公演プログラム > 虹のオルゴール工場/祝歌/フェスタ・宝塚 花組 東京公演プログラム<中古品>

虹のオルゴール工場/祝歌/フェスタ・宝塚 花組 東京公演プログラム<中古品>

虹のオルゴール工場/祝歌/フェスタ・宝塚 花組 東京公演プログラム<中古品>

  • 中古品

商品番号 PRG-12133B

販売価格1,980円(消費税込:2,178円)

在庫お問い合わせとは?
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明

種別
公演プログラム
花組
発売日
1964-03-07
出演者
天津乙女・星空ひかる・麻鳥千穂・甲にしき・夏亜矢子・黒木ひかる・水穂葉子・白雪式娘・桃山千歳・美和久百合・美吉佐久子・近衛真理・歌川波瑠美・美山恵津・木花咲耶・晴野暁美・岬ありさ・平美千代・鮎川三鶴・鮎川三知代・亜矢ゆたか・滝みつる・美吉野一也・美国亜耶
商品内容
宝塚歌劇50周年記念の豪華三本立て。


【虹のオルゴール工場】

オルゴール産業界のトップメーカー“虹オルゴール会社”に働く工員の諏訪一郎は、仕事ぶりもよく、工場内での将来を約束されている性質の良い青年である。

彼は歌手になりたいという夢があり、東京の東芸能社へ依頼の手紙を出していた。

ある日、東芸能社の専属歌手である長野星子がこの地方に巡業に来た。 その時に社長の松本にも会うことができた。

だが、社長からは工場や家族の許可がなければ安心して身柄を引き受けることができないというものであった。

一郎には同じ工場で働く恋人・上松アヤ子がいた。 アヤ子は一郎が東京に行くことには大反対で、田舎で二人で幸せな生活を送りたいと一郎に泣いて頼んだ。

だが、一郎の決心はゆるぐことはなく、彼は松本社長たちと共に東京へ行ってしまった。

東京での一郎は、東芸能社の宣伝に上手くのり、一躍人気歌手となり、世間の注目の的となった。

人気が不動のものになってくると、醜い欲望が顔をだし、ライバル会社である西芸能社がそれにつけ込んで、一郎を引き抜こうと計画するが……。


【祝歌(ほぎうた)】

宝塚50周年を記念して、久々に天津乙女が至芸を見せる。

内容は、乙女の舞、鷺の舞、鷺から猩々への早替わり、猩々の舞に分れる。

はじめは牧歌的な乙女の春心地をのびやかに、次は芸の訓練のきびしさをはげしく、そして最後には達成の祝意と明日への決意を大らかに表現する。


【フェスタ・宝塚(ラテン・アメリカ集)】

リズミカルで情熱的、宝塚の名曲もふんだんに盛り込まれた50周年記念にふさわしいレビュー作品。


※写真が掲載されているのは、上記の方のみです。
公演日
公演会場
東京宝塚劇場
原作
高木史郎・北条秀司・内海重典
監督
高木史郎・北条秀司・内海重典